トレーダー投資入門、金融と為替市場について解説

外国為替取引市場はフォレックスやFXと言われる世界最大の金融市場です。
24時間グローバルにトレードが行われていて1日あたりの取引高は数兆円にも達します。
外国為替取引市場はOTC相対取引市場といい注文を重点的に処理する取引所や通貨を交換する場所はありません。
全ては電話やインターネット、ファックス等でトレードされています。
市場全体の取引高の増大のインパクトはオンラインによる為替取引サービスの普及と個人投資家による外国為替市場への参加です。
この数年間における為替相場のボラティリティ変動幅によってたくさんの為替投資家が為替の動向が株式や債券の市場にも影響を与えてきています。
外国為替市場の特徴
世界最大の金融市場でありその流動性は急速に高まっています。
24時間取引が可能です。
個人投資家は強気相場でも弱気相場でも利益を上げることができる空売りという考え方がなく買いと売り両方のトレードができます。
即時執行が可能なプラットフォームが整いトレード上のスリッページ、約定時のレートのズレ、やエラーが最小限になってきていきます。
レバレッジが高くリスクが高い外国為替市場は世界で一番流動性の高い金融市場です。
トレードの出来高と流動性が高く低い取引コストと高いレバレッジを利用して上昇相場でも下降相場でも利益を出すことができます。
最小限のエラー
最低限のスリッページ
24時間取引可能

という特質から顧客が拡大しています。
外国為替市場の分析は
株式市場の分析に用いているのと同じ手法を用いることで為替市場も分析することができます。
ファンダメンタル分析
各国を株式の個別銘柄のように分析します
テクニカル分析
外国為替市場には最適な分析方法といえます
なぜなら外国為替市場においてプロのトレーダー達が最も利用している分析方法がテクニカル分析だからです。
外国為替市場が人気のある理由は
活動的なトレーダーにとって24時間トレードできる金融市場は理想的だからです。
世界情勢の変化に反応して1日中いつでも外国為替市場にアクセスしてトレードすることができます。
このためトレーダーは1日のトレードの仕方を自由に決めることができます。

為替取引の目的はなにか

外国為替取引の目的は様々あります。
個人利用者の場合は海外旅行等をする場合に自国の通貨を渡航先の通貨に両替しますね。
これも外国為替市場の為替レートによって通貨のトレードが行われます。
企業の場合は自社生産の製品やサービスを海外へ輸出して販売した場合に得られる通貨は輸出先の通貨ですので決算時には自国の通貨へ交換します。
このときも外国為替取引をおこなうことになります。
銀行や保険会社、投資家は顧客から預かった資金を使って
外国為替市場そのものでトレードをして為替の差益を収入として手にすることもありますし
他国の株式や債券を買うときにその国の通貨にトレードして
株式を買うために外国為替取引を利用することもあります。
外国為替取引の規模
外国為替市場の規模は年を経るごとに増えておりここ数年の平均は1日あたり4兆ドルほどあります。
1米ドル100円換算で単純に計算して400兆円です。
国内の国家予算が96兆円(2012年)として
日本の1年間で使う予定の金額の約4倍の金額がたった1日でトレードされていることになります。
感覚としてつかみづらいですが、これほど大きい規模の金融市場は外国為替市場をおいて他にないでしょう。
国内別のシェアはどうでしょうか。

1日あたりの為替取引が多い国1位はイギリスで取引規模全体の37%前後になります。
イギリスは金融取引が活発な国で為替市場では巨大なプレーヤーといえます。
2位はアメリカで取引規模全体の18%前後になります。
アメリカの通貨米ドルは世界の基軸通貨とされ外国為替市場において最も大切な通貨です。
すべての通貨は1度米ドルの為替レートに換算されてから他の国の通貨にトレードされています。
イギリスとアメリカだけで外国為替取引の半分を占めていますから外国為替取引をするうえでイギリスとアメリカの動きに注目することが大切でしょう。

為替レートはどのように決まるのか

為替レートがどのようにして決まるかは外国為替市場というだけに通貨の需要と供給のバランスのの上で成り立っています。
お金でお金を買うということです。
国内の通貨の円とアメリカの通貨米ドルを例にみてみましょう。
1ドルが100円で買えるとした場合アメリカの景気がよくなりこれから先米ドルの値打ちが上昇するという推定が世界中に広まったとしたらどうなるか。
世界中のトレーダーが米ドルという商品を買いたいと思います。
そうなれば米ドルの価格が上がって行くことです。
昨今まで1ドルを100円で買えたものが120円じゃないと買えなくなります。
1ドルの値打ちが上がって価格が上がっています。
このように各国の経済状態やたくさんの情報によって各国の通貨の価値が上がって行くまたは不景気のためその国の通貨の値打ちが落ち込む
といった様々な憶測により為替レートが変動する原因となります。
実質実効為替レート
為替レートは世界中の各国の通貨の需要と供給というルールによって成り立っていますが各国の通貨は2国間だけではなく諸外国通貨との為替レートとも連動しています。
そのために各国の通貨の相対的な強さを測る為の指標として実効為替レートと言われているデータが存在します。これは各国の中央銀行や国際決済銀行が算定して発表しています。
実効為替レートにはその国の物価上昇率が考慮されています。
2国間の物価上昇率が同じであれば実効為替レートがそのまま実際の為替レートに使用されますが
物価上昇率が違うと実際の為替レートにズレが生じます。

実効為替レートに物価上昇率を考慮して算出されたものが実質実効為替レートです。
トレーダーではない人が外国為替によって海外旅行先で両替する時個人が外国為替取引をするというくらいなら実質実効為替レートまで深く知る必要はありませんが
本格的にトレーダーとして外国為替市場を利用するときにはこの実質実効為替レートというものにも注意したほうがいいでしょう。

ニュース

オススメのサイトが更新されました。
当サイト管理人がイチオシするサイト。
マナラホットクレンジングゲルに関するサイトです。
情報量がすばらしく、デザインも美しいので参考にしてみては?


マナラホットクレンジングゲル激安通販

更新履歴